メモ帳

書き留めておきたいこと置場。

私の気持ちの話。

 

 

 

新曲が欲しい!アルバムが欲しい!ライブが欲しい!

 


枯渇状態、瀕死、早く食べたい!

 

 

 

 

 

 

でも、

 


「今」

 


それは言わない。

 

 

 

 


最初に発表されたコメントでも、

長瀬くんは、「ベースの音がないと」と言ってた。

 


会見でも、

「これからゆっくり話し合いたい」と。

 

 

 

「喜んで貰いたくて去年から準備してました」

って少しだけ笑みを漏らして言った松岡くん。

 

 

 

柔らかい表情で想い出話をしてくれた茂さん。

 

 

 

番組で長瀬くんとかソロでやればいいのにねと言われて

苦痛の表情で音への想いを話してくれた太一くん。

 

 

 

 


これらを見たら、聞いたら、

どうしたって言えない。

 

 

 

 


待つ。

 

 

 

それはソロなのかグループとしてなのかは分からないけど、

彼らがまた楽しそうに音楽と戯れる日まで、

私は待ちたい。

 

 

 

苦しそうな顔で奏でられる曲を、

私は見たくない。

 

 

 

もちろん、その曲を作りたいというのであれば受け止める。

 


でも、彼が彼らがそうしたいのでなければ、いらない。

 

 

 

 

 

 

だから…

ゆっくり、じっくり待ちたい。

彼らがまた音を奏でてくれる日を。

それは、「5人」でも「4人」でも「1人」でも…いい。

そうしたいと彼らが決めたのなら、きっとそれが最善だから。

 

 

 

大丈夫。

待つ事には慣れてるよ?

 


「だてに待たせたわけじゃない!」

 


そう言ってくれる日を

その日が来ることを願ってます。

 


その時は、

全員、脚も腕も筋肉痛で

声が出なくなるまで

騒ぎ倒そうね!

 

 

 

ね!

 

 

 

I wanna be with you.....

 

 

 

 

あの日、私が感じたこと。。。

 

感情が導くままに徒然と。

 

 

 

 

すばるくんがあの日発した言葉は、

正直まだ飲み込み切れていない。

 

いつかは飲み込めるかもしれないし、、、

いや、飲み込めることはないんだと思う。

 

何度だって夢であってほしいと思うし、

盛大などっきりであってほしいし、 

早く「うっそぴょーん」って言ってくれるのを待ってる。

 

もう1つの待ち続けているものと一緒に、、、

 

 

 

でも、

 


窮地に立った時に、それを跳ね返すかのごとく、

キラキラと眩い光を発することを知っているから、

きっと次に私が目にする時には

その姿になっているであろうメンバーを

ワクワクしながら待っている自分もいる。

それは、すばるくんもみんな。

 

 

 

夢であってほしいと思う私と、

前だけを睨みつけて輝きを放つ姿を見たいという私が、

いる。

 


前だけを、遥か先の前だけを睨みつけて、

無理だと笑う大人達を蹴散らして

輝きを放つ関ジャニ∞が好きだからだ。

 

彼らはずっとそうして何度も輝きの色を変えて

パワーアップしてきたからだ。

それが、たとえどんな理由であろうとも。。。

 

 

 

 

さて、私がこのページを開いたのは、

4月15日。

私が見た、感じた、丸山さんのことと、

私の気持ちを記録しておくためだ。

 


これは私が、”勝手に”感じたことであるため、

ご本人が(億が一にも)目にした場合、そんな訳あるか!と言われても仕方がないもの。

そして、あの日同じモノを見た方にも、んな訳あるか!と言われるかもしれないもの。

このまま読み進めていただける方は、そんなモノだという認識で、読んでほしい。

 

 

 

4月15日。

それは、丸山隆平さんの主演舞台「泥棒役者。」の東京公演初日。

大阪で約1週間の公演を終えてから数日経った、東京公演が19時から開幕する日。

 


そんな日のお昼に目にした丸山隆平さんは、

泣きそうな顔で、困ったように眉を下げ、少しだけ笑みをたたえながらメンバーが好きだという言葉を優しく紡いでいた。

 


丸山さんはかつて「笑ってはいけないのに、どうしたらいいか分からなくて笑ってしまい怒られる」と言っていたことがあった。

その顔を知っている。Jr時代を含め、スポットがあたり、うまく答えられなくてヘラっと笑う丸山さんを。

どの感情を表に出せばいいのか迷子になる丸山さんが、そこにいた。

幼い彼と、大人の彼が、ぐちゃぐちゃになって、

そして彼本来の優しさで包み込まれた顔で、

大好きな人への想いを話してくれてた。

 

 


そして、19時。

私は幸運にも、グローブ座で、彼の舞台を観劇した。

繰り出される巧妙な掛け合いにげらっげら笑ったし、

ぐっさりと刺さるセリフにボロボロに泣いた。

映画「泥棒役者」とは、また違った世界にグイグイ引き込まれた。

本当に楽しかった。

お芝居をしている丸山さんは、ほんっっとうにイキイキとしていて、楽しそうだった。

東山先輩をはじめとした、カンパニーの皆様と一緒に舞台上を駆け回って輝いていた。

 

 


本当に楽しかったし、最高でした。

それに嘘はないです。

本当に本当に、最高のお芝居でした。

 

 

 

でも、はじめくんが出てきて、

声を聞いた瞬間に、

「幼い」

と、感じました。

 

 


映画よりも幼い。

それは、そういう設定なのか、、、

それとも、お昼に見た丸山さんがオーバーラップして、ただ勝手にそう感じてしまっただけなのか、

それとも、、、今日だからなのか、、

大阪公演を見ていない私にはどれなのか分かりませんでした。

 

 

 

「まだ終わってないにゃ!」

はじめくんが何度も繰り返すセリフ。

稽古が始まった頃には、すばるくんの告白を聞いていた丸山さんは、どんな気持ちでこのセリフを繰り返したのか。

もちろん、はじめくんとしてセリフを言ってました。

でもその中の丸山隆平さんは、どんな気持ちだったのか。

 

 

 

カーテンコールの丸山さんも、幼いと感じた。

前回のマクベスにくらべて、とても幼いと。

それは、舞台の主題が反映してそうなっているのか、

それとも、私が勝手にそう思い込んでしまったのか、

あるいは。。。

 

 

 

とにかくとにかくセリフが、ぐっさぐっさ刺さってきて、

それこそ映画で観たときもぐっさり刺さって泣いてたのに、

更に輪をかけて、ぐっさぐっさ刺さって刺さって刺さりまくって、

はじめくんが成長していく過程で泣いて、

そのセリフが自分の気持ちにリンクして泣いて、

その中にお昼に見た幼い丸山さんの笑みが反芻してきて泣いて、、、

見え隠れする幼い丸山隆平さんに、

胸が締め付けられて苦しくなって、

そしてそれでも舞台に立つ彼に

大人のプロとしての顔を見て、好きが溢れ出して。。

 

 


とにかく手を叩くことしか出来なかった。

自分が出せるありったけの大きさの拍手をするしか出来ない。

悔しい。

帰りたくなかった。

今日という1日を魅せてくれた丸山隆平さんに永遠に拍手を送りたかった。

 


ありがとう。

優しく困ったように笑う彼も、

舞台上でイキイキと輝く彼も、

翌日にあるツライ予定を微塵も感じさせない生放送の彼も、

全部全部ありがとう。

 

 

 

 

 

 

すばるくん。

 


最終決定した前か後か分からないけど、

丸山さん、楽器屋さんいってるんだよ。

ベースとかを見にいってるんだよ。

 


もっとすばるくんを支えて、

自由に唄ってもらえる音を出したいなって、

ソロ活動の時には誰がベースを弾くのかと嫉妬したり、

最近では事あるごとに、あなたが好きだと公言しまくって、、、

 


あなたがいなかったら、

緊張で震える丸山さんを誰が抱きしめてくれるの?

誰が謎の電波で共鳴しあってくれるの?

 

 

ねぇ、
すばるくん。

 


あなたの声が高らかに響く方向を関ジャニ∞は向いていたと私は思います。

どの方角が1番綺麗に響くかを常に模索して、切り開いて、更に響かせて。

高く、遠く、でっかく、誰よりも響くその声を。

 


魂をガリガリ削るかのごとく響く声が、

今度は少し離れた場所から聞こえるだけだよ…

ね?

 

 

 

 

 

大人の人達へ

 


お願いします。

紙の契約は今年一杯ですよね。

DVDをください。

DVDが欲しいです。

未発売のコンサートや舞台のDVDはもちろん、

水入らずの関ジャニ∞関ジャニ8、ください。

 


わちゃわちゃした卒業式でも、出陣式でも、修学旅行でも、大宴会でも、なんでもいいです。

限られた人しか観れないし、会場抑えたり大変なコンサートじゃなくてもいいんです。

 


手元に2018年の関ジャニ8が欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ふぅ。

 


書いてるうちに、もう涙でぐっちゃぐちゃで、

意味なんて分かんないし、

意味なんかないし、

なんなら、こんな気持ちを書き留めておかなきゃよかったって思う日がくるだろうし、

ほんっっっともう!さ!

 


寂しいんだよ!

 

 

あぁあ゛ぁぁあーーーー!

 


寂しいの!

 


とにかく今は、

寂しい気持ちと、

この先どこに向かうか楽しみな気持ちと、

なんかいろんな気持ちで

ぐっちゃんぐっちゃんのどろっどろなの。

 


訳分かんない感情が

気がついたら目から溢れて止まらない。

 


そんでまた明日も瞼が大変なことになるんだ。

 

 

この感情は、

明日になれば変わるかもしれないし、

永遠に彷徨い続けるかもしれないし、 

消えてなくなるかもしれない。

分からない。

 

けど、ここに書いたことは、

今の私が素直に感じたことなので、

私以外には誰にもYesもNoも

決められなくて良いんだなと思ったら

すごく楽になった。

 

 

 

 


とか、なんとか言ってたら、

 


夜だよ!

 

 

今日もまた夜が来たよ。

 

明日も太陽が昇って1日が始まるね。

 


私の大好きなアイドル達も、

これを最後まで読んでくれた貴方も、

あったかいふかふかのお布団で寝てね!

 


んで、夢の中でみーんなでどんちゃんして、

ばかやって、

げらっげら笑って、

えんやこらせーのどっこいせって、

今日も敵はオトン オカンだけだって、

焼肉美味しいなって、

またげらっげら笑って、

呑んで呑んで呑んで呑み潰れよう!

 

 

 

 


そう!

この文は結局、

夢の中で暴れようぜ!

お布団大好きだな!

ってこと言いたいだけだから!

それだけなんだから!

 


以上!

 


おやすみ!

 


良い夢みろよ!

 


I LOVE

SO MUCH

TO

YOUUUUUUUU!!!!!!!!

 

 

 

 

 

TOKIOの音楽にK.O.された日。 ~クモとstory そして島茂子~TOKIOのCD買って!

この!TOKIOの!音楽を!知らないDASHファンは、勿体ない!!!

損をしているかどうかは知らんが、勿体ないよ!

TOKIO兄さん」のことが大好きなジャニーズ事務所所属のタレントの皆様!そして、そのファンの皆様も聴いてくれ!

TOKIO「モノを作る・真面目にふざけ倒す」の真骨頂はココ(音楽活動)にあるから!

これを知れば、さらにTOKIOが好きになるし、DASHがもっともっと楽しくなる!はず…笑

 

なんの話かというと、

TOKIOのCD買ってほしいオタクが、TOKIOのCDを聞いて盛大に泣いた話なんだけど。。。。

あっ待って!閉じないで!閉じないで~~~~!

ここで会えたのも一期一会。

とりあえず、もう少し読んでいってくださいな。

そして少しでもTOKIOの音楽が気になった方は、ポチっとしてください。

お願いします。

 

公式HP↓でクモの視聴できます!

www.j-storm.co.jp

  

 

 

 

 

ボッコボコになった。

 

今がどういう状態かというと、

PVのDVD見て、

CD音源を聞いて、

ストリーミング配信のPVメイキングのクモ見て、

女の坂道のメイキング見て、沈んだ。

 

 

あの、ほんとさ!ねぇ!さ!

ズルイよね!

クモのPV見てさ、ストレートな音と歌詞に涙流してるところに、

突如として映し出される荒い画質のザ・ソイラテズ。

めっちゃ豆!豆!豆~~~~!

というか、アナログ!!!

くっそ~~~~~くっそ~~~

あ~~~~~~~島茂子キタ━( ゚∀゚ )っ ━( ゚∀゚ )っ━( ゚∀゚ )っ ━!!!!

無理無理!!くっそぉwwwwwwwww

SNSよりSOSよ、、、、、

なんだよ!くっそぉ!

 

私は!泣いてたの!

クモの世界観に、長瀬くんの書く歌詞に泣いてたの!!

ねぇ!!!

真顔でふざけ倒してぶん殴ってきた。

くっそぉ!

笑い転げてたら、自動ループでクモのPV流れてるし・・・

どんな顔してみたらいry・・・・・うぅ好きぃ( ノД`)シクシク…

 

明日もアナタに唄いたいな 聴こえてるかな?

言葉じゃ感じないさ ハートの方だ それでいいんだろ?

はい。好きです。ぐっと来てます。理屈じゃないんです。。

 

ずっと見ていた景色も悪くないと気付き始めた

(´;ω;`)ウゥゥ

 

あああああああああザ・ソイラテズ映し出された!

島茂子出てきた~~~~~

くっそぉくっそぉくっそぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!

好き。

 

 

とりあえずCDに移ろう。。。

島茂子のジャケ写~~~~~~~~~!!!!

ザ・ソイラテズの顔!なんだこれ!なんだこの顔!

可愛いじゃんか!めちゃくちゃいい顔してるじゃんか!

このこのこのこのこのこのこのぉ!!好きぃ。。

 

 

 

振り切ってなんとかCDを再生。

クモ。。。すきぃ( ノД`)シクシク…

story。。。はもり!やば!はもりー!ヤ!バ!イ!!!!p(´⌒`。q)グスン

島茂子 キッ・キタ━━○(#゚∀゚)=(  #)≡○)Д`)・∴'.━━ッ!!!!

やめてくれ~~~!

もう「わわわわ~」ってコーラス挟まないでくれ!

やめっやめっ!もっとくださ…

 

 

ってな具合で、

もうとにかく真っすぐな2曲に心をぎゅぎゅぎゅ~~と締め付けられて、

わんわん泣いているところに、

島茂子とザ・ソイラテズがスッとやってきて、腹筋に直撃かましてくる。

 

ほんっっっとズルイ!

こんなの好きじゃん?

TOKIOのおふざけ、みんな大好きじゃん?

しかも3曲とも、すっごい作りこまれてるの!

ズルイ!

ずるいよ!

あ~~~~~~CDバカ売れしてくれ!

  

 

 

 

真面目にも話せるんだよ

 

さて、ここからは真面目に話します。

いや、ここまでも至って真面目だったんだけど、

もう少しちゃんと話をします笑

 

53枚目のシングル「クモ」は、

①長瀬くん作詞作曲編曲の「クモ」

➁国分くん作詞作曲編曲の「story」

③島茂子とザ・ソイラテズ作詞作曲編曲の「女の坂道」

の3曲が収録されています。

 

初回CDには、

  クモ・story・クモ(Backing Track)

  DVDとして、クモ・女の坂道のPV

  ストリーミング配信で、クモのメイキング。

通常盤CDには、

  クモ・story・女の坂道・クモ(Backing Track)

  ストリーミング配信で、女の坂道のメイキング。

  そして島茂子とザ・ソイラテズの着せ替えジャケ写。

が入っています。

  

 

表題曲「クモ」について

TBSドラマ「わにとかげぎす」の主題歌。

このドラマは、TOKIOメンバーだけでなく、事務所の人間は誰も出ていません。

にもかかわらず、プロデューサーさんから「主人公の背中を押せるのはTOKIOしかいない!」と直々のオファー!

とてもありがたく、凄すぎる話。

TOKIOの従来の楽曲イメージ通り「アップなロック曲」でというオファーではあったが、ストーリーを読んだ長瀬くんがイメージしたのは違った。

とりあえず聞いてみて、イメージに合わなかったら作り直そうと渡したのが、この「クモ」だそうです。

  

 

太一くん作「story」

自分の子どもが生まれたことがきっかけで、アンテナが増え、

これまでに感じたことがないことを感じるようになった。

タイトルは、1人1人に物語があって、

それは第1章で終わる訳じゃなくて、第2章…第3章…とあったり、

その変わるきっかけは人それぞれで、

それを曲で表したかったから「story」とのこと。

 

 

クモもstoryも、シンプルなようで凄く細かく作りこまれてる。

そして、やわらかくも力強い長瀬くんの歌声と音と共に、歌詞がすっと身体に染み渡る。

私にもっと知識があったのならば、ちゃんと的確に表現できるのに!悔しい!

もう!これ以上表現するの無理だから、各自聞いて!お願い!

 

 

 

島茂子とザ・ソイラテズ

上記2曲の後に、この1曲を入れ込んでくるのが、

TOKIOだよねとしかいいようがない

すっごい好き。

真顔でふざけ倒してくるの、凄い好き。

ゲラッゲラ笑わせてくるのに、ちゃんと作りこまれてるから、本当に好き。 

元は約20年前、TOKIOがデビューして4年目のアルバムに入れようと茂さんが作ってた楽曲をリメイクしたものっていうんだからすごいよね。

4年目で、こんなことしようとしてたんかい!

すげぇ。

それを引っ張り出してきて、更にブラッシュアップさせてるんだから怖い。

PVのメイキング見てもらえると分かりやすいんだけど、

ほんっとうに真剣に島茂子とザ・ソイラテズを作ってる。

真剣であれば真剣であるほど、おもしろいモノが出来ることを知っているから。

「悪ノリというか、そういうのをやりたかった。遊びまでをも、バンドで表現すると言う、大人の遊び心(by長瀬くん)」

から出来た1曲!

 

あと、ザ・ソイラテズの由来を、長瀬くんが

「リーダーがレコーディングにソイラテの差し入れを持ってきたことが面白くて、そこから始まったのかな?

特に意味はないんだ

って言っちゃうところも最高。

意味ないんかーい!

 

意味ないとかなんとか言いつつ、

「60,70年代の音に、現代のフレーズが入ることによって、おもしろいものになる感じがいい」

と言うのが、TOKIOらしくて最高!

 

 

 

 

TOKIOのモノ作り

CDは本当に隅々までTOKIOの手作り。

PVの監督さんとの打ち合わせやアイデア出しはもちろん、

音の細部までTOKIOのこだわりが詰め込まれています。

 

まずTOKIOは、曲を作る際に、メンバー間でプレゼンをします。

この曲はどう?と作ってきたデモテープを聞かせ、

あぁでもない、こうでもないと言いつつ、曲を作り上げていきます。

 

そしてレコーディング。

長瀬くんは「クモ」のメンバーレコーディングに全て立ち会っています。

レコーディングは、担当楽器は全てメンバーが弾きます。

当たり前のように思うかもしれませんが、スタジオミュージシャンに任せるアーティストさんも多い中で、TOKIOはもうずっと自分たちの音です。

松岡くんのドラム録音から始まり、デモにない音を新たに作り出し入れて貰ったりし、

全員の録音が終わっても、長瀬くんは曲を聞き続け、

「ここは1つ下げて欲しい」などを繰り返し、

スタッフも気づかないような細かいところまでこだわってます。

 

CDで聴いた曲間の秒数も含めて熟考しているため、じっくり聴いて欲しいと伝えてくれる。

 

 

島でも畑でもスタジオでも、

TOKIOは何をするにしてもTOKIOが楽しくて面白くて、

そして真剣になれることしかやってないし、

そうではないモノは、ファンの前には出さないんじゃないかなという自信がある。

TOKIOが直接言ったわけでもないし、ファンの欲目による手前味噌状態なのかもしれないけど、少なくとも私がTOKIOから受け取るものはそう。

 

だから、これからもTOKIOにはたくさんいろんな活動をしてほしいし、

いろんな楽しい事をしてほしい。

特にTOKIOが大事にしているのが、音楽活動だから、

もっともっともっと音楽で楽しい遊びをTOKIOとしていたい。

そのためにも、とにかくCD売れて欲しい!

どうしたら、何をやればCDが売れるのか、私のちっぽけな頭では分からないけど、

1つだけ分かるのは、

DASHが好きな人は、TOKIOの作るモノもきっと好きになるよ!

ということ。

本当は、CD買ってというのと共に、ライブやるからライブにも来てくれ!とも言いたいんだけど、残念ながら2014年以降ライブのお便りを貰えてないので、予定は分からない、、、

 

TOKIOのCD買って!!!

お願い!!

TOKIOのライブが開催されるように、力を貸して!!!

お願いします!!

あなたの清き1枚を!!!どうか!!

お願い!

TOKIOのCD買って!

新曲買って!!

 

 

 

きみは『島茂子とザ・ソイラテズ』を知っているか?! ~TOKIOのCDの話~

 

涼しい季節が待ち遠しい今日この頃、皆様お元気ですか?

本日、私が皆様にお話ししたいことは、

あなたは、『島茂子とザ・ソイラテズ』を

知っている人間であるのか、そうではない人間か…という話です。

 

そう!

『島茂子とザ・ソイラテズ』!

 

私が、彼…いや彼女の存在を初めて知ったのは約2か月前。

TOKIOが新曲を発売するという嬉しいお知らせが舞い込んできた6月20日のことでした。

 

TOKIOが新曲発売するよ!メンバーが出演していないにも関わらず、ドラマプロデューサーからの直々のオファーにより主題歌を書き下ろしたよ!

カップリングには、太一くんの曲もつけるよ!

あと、『島茂子とザ・ソイラテズ』のPVと音源と着せ替えジャケットもつけるよ!

 

www.j-storm.co.jp

 

と、さらっと書かれていた・・・

え?誰???

島茂子…茂さんかな? ザ・ソイラテズ?コーヒーと豆乳…。誰?(笑)

 

その日はそれ以上の情報を得られなかった…。

ざわつくオタク。

俄然楽しみ過ぎて、そわそわするオタク。

TOKIOが何かしかけてくるぞ!とびきり楽しい事ぶちかましてくるぞ!

うおぉぉぉぉ!TOKIOと遊べるぞとワイワイするオタク。

楽しい。

絶対的な信頼の『TOKIOとおふざけ』

 

 

そして月日は流れ、

サイトで視聴できるようにしたよ!

WEBでメイキングが観れるパスワードをCDにつけるよ!

TVスポットとPV初解禁だよ!

と小出しに情報が出され、

 

8月10日。

突如として、公式HPに現れたアーティスト写真。

www.j-storm.co.jp

 

黒い衣装を身にまといシュっとしたTOKIOと、

確率ガチャで現れる島茂子とザ・ソイラテズ。

腹がよじれる。

好き。

島茂子!好き!

ザ・ソイラテズ、めっちゃ豆!!!

頭、豆!!!!!!

 

 

そして、今日。

ぽーっと見ていたMステ。

またしても突如として現れた『島茂子とザ・ソイラテズ』のPV。

えっ。

好き。

無理。

好き。

 

 

www.j-storm.co.jp

 

島茂子に会える…だ…と!?!?!?!

はい!行きます!行くよね!

仕事?

んなもん知るか!

こちとら島茂子に会いたいんじゃ!

 

島茂子とザ・ソイラテズのデビューシングル欲しい!

ねぇ!欲しい!

CD買う!

CD買って!

CD売れろ!

夢はでっかく、

島茂子を紅白へ!

 

 

島茂子とザ・ソイラテズの何が恐ろしいかって、

「なんか楽しいことしたいね」っていうことから掘り起こした、20年前のアルバムに入るかもしれなかった曲だということ。

PVまで撮ってること。

何より、TOKIOさんが全力で真顔でふざけてる

超絶楽しそうな案件だということ!

 

TOKIOが全力でふざけて楽しくないわけがない!

TOKIOはふざけることに力を抜かない!

むしろ全精力で持って挑む!

TOKIOが好きな人は好きなやつ!

はぁ好き!

CD買って!

 

 

ここまで島茂子とザ・ソイラテズの話しかしてませんが、

表題曲は、『クモ』です。

長瀬智也さんが作詞作曲編曲を手掛け、

逃げも隠れもしない真っすぐなバンドサウンドと言いきった曲です。

 

そして、カップリングは国分太一くんが作詞作曲編曲を手掛けた、

娘さんの誕生をきっかけに新しい愛の形について知り、作った曲です。

 

どちらもシンプルで、

でも真っすぐな音の曲に仕上がってますので、是非きいてみてください!

※クモは下記リンク先で視聴できます。

www.j-storm.co.jp

 

TOKIOのニューシングル!

そして、島茂子とザ・ソイラテズのデビューシングル!

8月30日発売です!

買って!!

 

そして、あなたも島茂子とザ・ソイラテズを『知っている人間』になってくれ!

 

 

 

2017年上半期の関ジャムで使用した楽器(更新中)

 

テレビ朝日系列で放送中の「関ジャム」で、2017年上半期に使用した楽器の更新途中メモ。ふらふらと更新したりしなかったり。

※全て素人が個人的趣味で調べたものなので、間違っているかもしれません。ご了承ください。

  

過去まとめ

2015年

 ●2015年の関ジャムで丸山さんが使用したベース - メモ帳

 ●2015年の関ジャムで、すばるくん・安田くん・錦戸くんが使用したギター - メモ帳

 ●2015年の関ジャムで、横山さん・村上さん・大倉さんが使用した楽器まとめ - メモ帳

2016年

 ●2016年上半期の関ジャムで使用したギター・ベース - メモ帳

 ●2016年上半期の関ジャムで使用した、パーカス・キーボード・ドラム - メモ

 ●2016年下半期の関ジャムで、丸山隆平さんが使用したベース

   ●2016年下半期の関ジャムで、渋谷さん・安田さん・錦戸さんが使用したギター

 ●2016年下半期の関ジャムで、横山さん・村上さん・大倉さんが使用した楽器

 

 

目次

 

 

セッション一覧

f:id:tournesolt:20170503223520j:plain

 

 

丸山さんが使用したベース

f:id:tournesolt:20170503223645j:plain

 

日記で「このプレべで旅をしようかな」と言っていた時から、

ずっと新しいFenderプレベ

有言実行!

 

   

渋谷さんが使用したギター

f:id:tournesolt:20170503223803j:plain

 

 

錦戸さんが使用したギター

f:id:tournesolt:20170503223820j:plain

 

 

安田さんが使用したギター

f:id:tournesolt:20170503223905j:plain

 

 

横山さんが使用した楽器

f:id:tournesolt:20170503223923j:plain

 

 

村上さんが使用したキーボード

f:id:tournesolt:20170503223951j:plain

 

 

大倉さんが使用したドラム

f:id:tournesolt:20170503224006j:plain

 

 

※ふらふらと更新してます

 

 

 

2016年下半期の関ジャムで、横山さん・村上さん・大倉さんが使用した楽器

 

テレビ朝日系列で放送中の「関ジャム」で、2016年下半期に使用したパーカス・キーボード・ドラムのメモ置き場。

※セッション一覧は、前ページにあるので割愛。

※全て素人が個人的趣味で調べたものなので、間違っているかもしれません。ご了承ください。

 

過去まとめ

2015年

 ●2015年の関ジャムで丸山さんが使用したベース - メモ帳

 ●2015年の関ジャムで、すばるくん・安田くん・錦戸くんが使用したギター - メモ帳

 ●2015年の関ジャムで、横山さん・村上さん・大倉さんが使用した楽器まとめ - メモ帳

2016年

 ●2016年上半期の関ジャムで使用したギター・ベース - メモ帳

 ●2016年上半期の関ジャムで使用した、パーカス・キーボード・ドラム - メモ

 ●2016年下半期の関ジャムで、丸山隆平さんが使用したベース

   ●2016年下半期の関ジャムで、渋谷さん・安田さん・錦戸さんが使用したギター

 

 

目次

 

 

横山さんが使用した楽器

 

f:id:tournesolt:20170503222425j:plain

 

関ジャムでのセッション表記内が「パーカッション」とまとめられいたのが、楽器名になってました!!嬉しいね!

※複数使ってる時でも1個だけど…

 

 

 

村上さんが使用したキーボード

 

f:id:tournesolt:20170503222440j:plain

※楽譜や他の方で名前が見えないことが多く、間違っているところが多いかもしれません…。

 

 

大倉さんが使用したドラム

 

f:id:tournesolt:20170503222503j:plain

 

 

 

2016年下半期の関ジャムで、渋谷さん・安田さん・錦戸さんが使用したギター

 

 

テレビ朝日系列で放送中の「関ジャム」で、2016年下半期に使用したギターのメモ置き場。

※セッション一覧は、前ページにあるので割愛。

※全て素人が個人的趣味で調べたものなので、間違っているかもしれません。ご了承ください。

 

過去まとめ

2015年

 ●2015年の関ジャムで丸山さんが使用したベース - メモ帳

 ●2015年の関ジャムで、すばるくん・安田くん・錦戸くんが使用したギター - メモ帳

 ●2015年の関ジャムで、横山さん・村上さん・大倉さんが使用した楽器まとめ - メモ帳

 

2016年

 ●2016年上半期の関ジャムで使用したギター・ベース - メモ帳

 ●2016年上半期の関ジャムで使用した、パーカス・キーボード・ドラム - メモ

 ●2016年下半期の関ジャムで、丸山隆平さんが使用したベース

 

 

 

 

目次

 

 

渋谷さん使用ギター

f:id:tournesolt:20170503221159j:plain

 

 

 

安田さん使用ギター

f:id:tournesolt:20170503221222j:plain

 

 

錦戸さん使用ギター

 

 

f:id:tournesolt:20170503221450j:plain