読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳

書き留めておきたいこと置場。

DVDに関するあれそれ

元気が出るライブDVDについて、twitterでは文字数足りなくなったので、思ったことをつらつらと。

 
 
 
今更ながらにDVDの件、把握しました。
いや把握してたけど、何て言えば良いのか分からなかったから、夜中にぽつぽつ。
1人でサイト見に行けなくて、電話しながら見たし、泣いてしまった。
なんだろう…悔しかったんだな。
うん、悔しかった。
 
 
ジャケ写を見た瞬間、タイトルを変更したのかと思いました。
「元気が出るライブ」じゃなくて、「6+45000」にしたのかと思ったから、デザインって大切…。
 
 
 
DVDの中身は当たり前だけど見ていないので、煽り文句等ついて。
絆があるとかないとか、感動したかどうとかは、わざわざ作り手が作為的に見せるものではないと、私は思う。
ライブ(DVD)を見た個々が判断して、感想を持てば良いもの。
全米が泣いたって言われても全く泣けないものもあるし、煽り文句がデカすぎるほど陳腐になるなぁと。
 
実際問題、あの公演は美談だったのか?と個人的に思います。
決して美談にするようなモノではなかったと思うし、してはいけなかったと思う。
元気が出るライブ全14公演中1公演の出来事。13公演で見せてきたものが置いてけぼりな気がしてならない。
再三twitterでも目にしたし、私も言ってたけど、
「つぎはぎでも画質悪くても7人の公演を本編、オーラスを特典」とは出来なかったのか?
予算の問題とか言われてしまえば、何も言えないけど、生産限定にしたら予算うんぬんは違うと思うしなぁ…。
 
オーラスを本編にするしかなかったのなら、メンバーがオーラスで口にしてた「盛大なコント」として創り上げて欲しかった。
 
 
それこそ、言葉を選ばずにいうと、客席やファンのインタビューを演出として入れないといけないようなモノを作ったのか?と思ってしまう。
ファンのインタビュー?様子?が、オーラス以外でも撮影されてたとしたら、大倉くんの件がなくても、初めからそういう演出する予定ではあったんだなぁと。
 
 
●メンバーやスタッフさんが、後で見返す資料用として客席やファンの反応を撮る。→分かる
●ワイドショーなど、対外的に雰囲気のレポートをする為に、客席やファンの反応を入れる。 →まだ分かる
●DVDの演出として、客席やファンの反応を入れる。 →分からない
という意見です。
ペンライトの光だけでは、そのコンサートが盛り上がっているという事を伝えるのには足りないのかなぁ…?
 
でもまぁ、インタビューに応じてる人がいる=DVDにファンを映して欲しい層もいる訳だから、なんとも一概にダメだとは決め付けられないのか。ふむ。
 
 
 
 
そして、どうしても引っかかってしまう「史上最大の試練」という言葉。
関ジャニ∞史上、最大と銘打ち出来るのはコレではないと思うし、なかった事にはして欲しくない。
 
 
 
 
 
直接DVDとは関係ないけど、こういう話をすると、
「ファンなんだから、あーだこーだ言うな」っていう意見も目にするけども、
ファンであると同時に、消費者(顧客)でもあるから意見を出すことはあって良いと思う。
嬉しいな楽しいなと言う人、今回のコレは違うんじゃないかと意見する人、いろんな人が居て良いのではないかな?
 
 
正直、楽しいだけじゃ無くなってしまっているのは苦しい。
でも、過去のこの時はこうした・こうやって上目指してたを知っているからこそ、今回はコレではないを強く思ってしまうのかもしれない。
もっともっと良いモノに出来る人達だと知っているからこそ、ガッカリしてしまって不満になる。
 
 
 
ただ、呟きとして言ってるだけではダメだと思うから、私は「意見書」としてファミクラにお手紙出してます。
一意見、一感想として。
 
 
企業に対して、商品に対する感想(良い事・悪い事を含め)を送るのは当たり前だと思うので、こうして欲しい・ココが良かった等は、送って良いと思います。
 
 
ファミクラにお手紙出す時は「要望係」とつけないと、ファンレターとして分類されちゃうので注意です。
※インフィニティにお客様窓口がないので、ファミクラに送って欲しいと。
 
 
 
 
 
まっ!事前情報だけで、あーだこーだと言っているので、DVD開けたらコロッと意見を180度変えるかも知れないです。
「買わせるための宣伝文句」が、私は引っかかったという話でした!
 
 
あとtwitterの延長として書いたので、正直読みづらいかと思います。ごめんなさい。でも敢えて、このまま投稿しちゃう!
 
 
 
 
どうか、夏の恋人の振付映像と、バンドリハ風景がメイキングに入っていますように!
 
 
以上!