読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳

書き留めておきたいこと置場。

いよいよTOKIOの「東京ドライブ」が発売されるよ!

TOKIO

こんばんは。

TOKIOのシングル「東京ドライブ」が売れてほしい!買ってほしい!

と、世界の片隅で叫び続けているわけですが、

いよいよ、10月28日の発売日までに1週間切りました!

 

 

ここでまずは、シングルの内容をおさらいしましょう。

 ●TOKIOの21年目、50枚目の記念すべきシングル!

 ●収録されている曲全てが、メンバーによる作詞作曲編曲。

 ●ジャケット写真は、トレンチコートを身にまとったTOKIOが波止場でキメている。ジャケット発案は長瀬くん。

 ●初回限定盤のDVDには、PV・メイキング・TOKIO STATIONⅡが収録されている。

 ●TOKIO STATIONⅡは、メンバーがわちゃわちゃ5人だけでドライブをしている。

   リーダーが運転して、都内のTOKIOにゆかりのある地を巡っている。

 ●PVは、昭和の歌番組にTOKIOが出演したら…をコンセプトに作られている。

ざっとあげただけでも、おもしろそうでしょ?

ジャケ写だけでもイカしてるから、とりあえず見て!

TOKIOの遊び心と無邪気な姿、そして渾身の楽曲が詰まってるCDを手にとって!

 

 

 

 

 

 

 

 

ふぅ…。ハイテンションに紹介しましたが、 ここからはうだうだ語ります。

シングルのリリースに際し、テレビ・ラジオ・雑誌などに出て色々語ってくれているエピソードを。

 

まず、TOKIOは20周年を機にメンバー内でプレゼン(どんなコンセプトで作り、どうしてその曲が出来たのかなど)し、自分達の作った曲だけで、CDリリースすると決めています。

とある雑誌の松岡くんと長瀬くんの対談で、「20周年を終えてから、改めてメンバーで今後の方向性を話し合った」と言っていた。「そのうえで出来た東京ドライブ」だとも言っていた。また別の場所で「21年目のリスタート」とも言っていた。

そんな位置づけで出来たのが、この「東京ドライブ」です。

 

 

TOKIOはレコーディングも自分達の演奏で行います。

これはプロのバンドであれば、なかなか珍しい事ではないと思うが、敢えて声を大にして伝えたい。TOKIOにしか、5人でしか出せない音があるから、TOKIOTOKIOが演奏する事にこだわる。

例えば、長瀬くんはメンバーの出す音をイメージして作曲し、デモテープを打ち込みでほぼ仕上げた状態で持ち込む。それをベースとして、メンバーの演奏レコーディング等に立ち合い、5人で音作りをしていく。

今回の東京ドライブ収録曲では、

21年間指弾きで来た山口くんにピックに挑戦してほしいと提案する長瀬くんと、その提案を快諾しピック弾きに挑戦する山口くん。

音のバランスが…と悩んでいる長瀬くんに対し、「プロとして、こだわっていこう」と言ったら、一度録り終えたものをもう一度取り直してほしいと言われ、休み返上で録り直した茂さん。

公式ブログで、曲作りの始めから報告してくれ、最後のアレンジ部分では何度もスタジオに足を運び調整に頭を悩ませてこだわっていることを教えてくれた太一くん。*1

などなど、ここにあげたのはほんの一例です。細部にまで音にこだわり作っているものなので、是非ともBacking Trackまでじっくりと聞いてほしいです。

 

 

そして、長瀬くんは以前から「俺らが楽しいと思ってやっている事、カッコいいと思っている事は、ファンのみんなも楽しい!」と言い続けている。この言葉に秘められたモノの凄さは、なんとも表現しがたい。

彼らが心の底から楽しんでいる事・カッコいいと言いきれる事、それがもつエネルギーは凄いし、それ以外はファンに提供したくないという想いがビシバシと伝わってくる。

その言葉通りハズれた事はないから、今回も間違いなく楽しい!…はず。

 

 

そんなTOKIOが作る「東京ドライブ」です。

まぁ、いろいろあーだこーだ並べたけど、とにかく聞いてみてください。

出来ればCDで聞いてほしい。

おもしろい事間違いなしのDVDがついてくるから、まずは手に取ってほしい!

テレビでも披露するし、ラジオでも流れるけど、CDでしか味わえないモノもあるから、じっくりと堪能してほしいから、CDを買ってほしい。

そして、TOKIOの音楽いいじゃんと思ってくれた方は、ライブにも是非足を運んでみてください。

 

 

 

という事で、要は何が言いたいかというと、

TOKIOの10月28日発売「東京ドライブ」買って!聞いて!

以上!

*1:最初に曲を作っている事を教えてくれたのが5月。そして曲のアレンジまで全て終えたと教えてくれたのが9月下旬でした。