読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳

書き留めておきたいこと置場。

TOKIOの歌詞を抽出してみた。

 

きっかけは、こちらの記事を拝見させて頂いたこと。これは面白い!楽しそう!という興味本位だけで、TOKIOでもやってみることにしました。また、細かく分析することは苦手なので、あくまでも結果をつらつらと並べております。

 

 

  

microchappy.hatenablog.com

 

 

 

 

【集計方法】

■「Lyrics Master2」で検索できるTOKIOの楽曲中、Remix・カバーを除いた全216曲。

■「KH coder」を使用し、語句の抽出。

 

 

【集計を始める前に】

■所属レコード会社について

 TOKIOはこれまでに、ソニーレコード→ユニバーサルJJ Stormと所属レコード会社を変えています。それぞれのレーベルにより、楽曲の雰囲気も異なっているため、レーベル別の主な楽曲を紹介しておきます。

 <ソニーレコード> 1994~2000年

  ・LOVE YOU ONLY ・うわさのキッス ・君を想うとき

 <ユニバーサルJ> 2001~2007年

  ・花唄 ・AMBITIOUS JAPAN! ・宙船

 <J Storm> 2008年~

  ・雨傘 ・リリック ・LOVE, HOLIDAY.

 

 

 

 【抽出結果】

1. 全楽曲】 ※頻出単語150

f:id:tournesolt:20150522051452p:plain

 

 

 

【2. レーベル別】 ※頻出単語50

f:id:tournesolt:20150522064058j:plain

 

 

【3. 品詞別】 ※頻出単語15

■全楽曲

f:id:tournesolt:20150523234305j:plain

ソニー

f:id:tournesolt:20150523234356j:plain

■ユニバーサル

f:id:tournesolt:20150523234419j:plain

J Storm

f:id:tournesolt:20150523234438j:plain

■名詞のみ比較

f:id:tournesolt:20150523234510j:plain

「ファイト」「メッセージ」については、リフレインを多用する楽曲内の回数で9割を占めているため、不問としたい。

 名詞比較をして、凄く面白かったのが、ソニー時代にのみ現れる「大人」という単語。後に述べることにもつながるが、「大人」になりきれていない年頃にしか使えない、グループの平均年齢が如実に表れた単語だと思う。

 

 

 【4.「夢」「愛」「心」「恋」「未来」の順位推移】

 

f:id:tournesolt:20150522061633j:plain

f:id:tournesolt:20150522061726p:plain

 

 まず注目して頂きたいことは、「恋」。デビューしたてのソニー時代に「恋」という単語を使うことが多かったが、グル―プ全員の年齢が20代となったユニバーサル時代では47位、30代となったJ Storm時代ではTOP50圏外(150にも入っていなかった)となる。

 「夢」「愛」「恋」が順位を下げる中、順位を上げ続ける「心」にも併せて注目したい。

  また、 メンバーの作詞頻出語でも、「愛する」が35位・「愛」が42位・「恋」は50位圏外となっており、メンバー自身も「恋・愛」の文字をあまり使わない傾向にあるといえるだろう。

 

 

 【5. メンバー作詞曲】 ※頻出単語15

f:id:tournesolt:20150522221219j:plain

 ※PLUSは城島さん、YOUR ANSWERは松岡さんとしてカウント。

 ※あくまでも「作詞者」に焦点を当てているため、国分さんの曲数が少なくなっている。 

 長瀬さん(19曲)・城島さん(16曲)と、松岡さん・国分さん(共に6曲)・山口さん(5曲)とメンバー間での作詞曲数に差があるため、比較するには心もとない数値となった。しかし、国分さんの1位に「俺」という言葉が出てきていることは、非常に興味深い。

  

 

 

【最後に】

 あくまで結果をツラツラと並べただけのブログに最後まで目を通していただき、ありがとうございます。「途中でTOKIOっぽいってなんだっけ?汗だくで走り抜けるような熱さ?前へ前へと言う言葉?でもファイトとかは殆ど1曲で使ってるだけだし…」と思考が迷走し始めてしまったため、あくまでも結果のみを打ち出すことにしました。

 メンバー自作曲という視点でも抽出を行ったのですが、TOKIOが初めてCD収録曲として、全員作詞に挑戦したのがデビューから4年後の1998年です。その後コンスタントに作詞・作曲・編曲を手掛けるようになり、20周年を迎えた2014年に「今後の楽曲は、メンバー間で持ち寄りプレゼン・協議をした自作曲のみにする。」と発表しました。メンバーの個性がより強く打ち出る楽曲になるであろうことが予想されるので、数年後に抽出してみるのが楽しみです。

 

 そしてここまで見ていただいた方へ、個人的にTOKIO内で一番だと思うセンス溢れる楽曲を紹介して締めの言葉に代えたいと思います。

2005年発売のアルバム「ACTⅡ」に収録されている城島茂さん作詞・作曲・編曲の

必要と想われる箇所にピリオドを打て(制限時間4分10秒)ORICON STYLE

とにかく秀逸な文字遊びなので、「聞く・読む」どちらでも好きな方から試していただきたいです。

 

 またリンク許可をいただきました、ちゃっぴさん(id:microchappu)本当にありがとうございました。

 

※集計結果については、個人が楽しむ用のため、差異があるかもしれません。ご了承ください。